暑くなると気になるのが、自分や家族の足のニオイ。そこで街中でよく目にする「消臭」と「抗菌防臭」の機能付き靴下を選んでみる人も多いかもしれません。でも何を基準に選べばいいのか分からないと、なんとなくよさそうな靴下を選んでしまっていませんか? そこで本特集では「消臭」と「抗菌防臭」の違いから、どんな靴下を選べば効果的なのかについてまで徹底的に解説します!

消臭と抗菌防臭の違いとは?

消臭は「ニオイの成分を分解し消臭する」機能に特化していて、抗菌防臭は「菌の増殖を抑えてニオイを根本から防ぐ」機能に特化しています。

ニオイの原因となる物質と
分解のメカニズム

抗菌・防臭と消臭は言葉だけ見てもどうやってニオイを抑えたり、消したりしているのか分かりづらいですよね。この2つは全く異なる機能性を持っているため解説していきましょう。

これからの季節一番気になるのは汗臭さですよね。意外かもしれませんが汗というのはもともと無臭です。では一体どこから「汗臭さ」が発生しているかというと黄色ブドウ球菌という菌が汗や皮脂などを養分にして増殖することでニオイが発生しているのです。繊維の中で菌が発生したり、長時間着用することで繊維の中で菌が蓄積し汗やタンパク質と結びつき、その汗が蒸発したときに初めて人間は「ニオイ」を感じます。そういった黄色ブドウ球菌や生乾き臭のもとになっているモラクセラ菌などの発生を抑えてニオイの発生を未然に防ぎ、菌が少ない状態を維持できるのがポリジンの効果なのです。

足に限らず汗や加齢臭などのニオイの原因は汗や皮脂・古い角質などを足の皮膚にいる常在菌が分解することで発生する「イソ吉草酸(いそきっそうさん)」や「酢酸」「アンモニア」などの物質です。中でも納豆のような独特の臭いを持つイソ吉草酸は、「悪臭防止法」によって法律で規制されているほど人に不快感を与える悪臭の1 つです。そういったすでに発生してしまったニオイの分子と薬剤が結びつき中和することができるのが消臭の効果です。

ニオイのお悩み別オススメ靴下

ここまでニオイを消すメカニズムについて色々と語ってきましたが、消臭と抗菌防臭のどちらの効果の靴下を購入すればいいのかわかる早見表です。ぜひ、足のニオイのお悩みやライフスタイルに合わせて「消臭」と「抗菌・防臭」の靴下を選んでみてください。

商品ラインナップ

抗菌・防臭

消臭